クリア第2巻~ガラスの大樹~

第2巻

クリア第2巻の紹介ページです。あらすじや書籍サンプル、購入ページへのアクセスはこちらのページからご覧ください。

大切な人を奪われ復讐を誓った主人公クリア。デリーター見習いとなり身も心も鍛えようと奮闘する。一方でローム大陸は、レイノスと手を組んで具現能力を武力化したアーノン国王の絶対権力によって、平和が失われようとしていた。クリアの復讐と悲しみ、そして国の平和の行方は・・・?

クリア第2巻あらすじ

アーノン国王とレイノスから逃れるため、ベルアルア東の田舎町に逃げ込んだクリア。
しかし自分の過去を知ってしまったことで、酷い罪悪感に苛まれていた。

無事に仲間と合流した後も、罪悪感とレックスを失った悲しみを拭えないでいたクリアは、カラルオの惨劇を二度と起こさないためと、レックスを殺された復讐のために、デリーターとして活動し具現能力を鍛えることを選ぶ。

一方でレルッタ=メドとベルアルア国内では、レイノスと手を組んだアーノン国王が権力を振るい、国民を苦しめていた。

国民は暴君と化したアーノン国王から権力を取り上げようと、アーノン王政権反抗組織を立ち上げる。

具現能力者第一主義を掲げるレイノスは、具現能力の武力化を進めていて、デリーター組織は信念を貫くため国組織から独立を選んでいた。

次第に平和が失われていくレルッタ=メド。


具現能力の武力化を止めるため、アーノン王政権反抗組織に加入するデリーター。

クリアは大切な仲間たちと共に、レイノスとアーノン国王との決戦を迎えることになる。


書籍サンプルを読む


購入・詳細はこちら

期間限定Amazon Unlimitedにて読み放題中 !

タイトルとURLをコピーしました