Lastvlum-古の創造者-

具現師兵ラルとシャノンの物語

謎に包まれていた旧暦前の世界。
具現戦争に明け暮れた人類にもたらされた『代償』
終わりへと向かう世界で、ラルとシャノンが戦ったものとは・・・

※クリアシリーズのサイドストーリー(前世界編)です。
※「クリア第5巻 臆病者の戦士」の後に読むことを想定した内容になります。

SF、ファンタジー、成長ストーリー

ラストヴルム 古の創造者 目次

主な登場人物
主な登場用語
1 東カーム監視所
2 メレイト・ネイト市街地
3 記録係
4 セリナ通りの影
5 レルッタ連合国中央都市
6 平和を想うペンの音
7 終焉地カル・ミカ
8 代償
9 古の創造者
10 語り継がれた英雄
11 ラスヴルムの正体
12 草原

(クリア第6巻へ続く)

バネス歴1558年夏。新兵のラルは、連絡が取れなくなった東カーム監視所の調査任務を与えられた。当初は通信機の故障だろうと楽観視されていたのだが、ラルが現地で発見したものは、傷もなく眠るように死んだ国兵たちの遺体だった。この不審死事件は一か所だけに留まらず、レルッタ国内の至るところで発生し始める。ラルと記録係のシャノンは、不審死を引き起こしたとされる「黒頭巾の男」を追うことになったのだが・・・。

ラストヴルム: 古の創造者 クリア (レルッタ文庫) | 白輝草 陽智 | SF・ホラー・ファンタジー | Kindleストア | Amazon